日ロ外相が電話会談 朝鮮半島非核化へ連携で一致

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 日ロ外相が電話会談 朝鮮半島非核化へ連携で一致
NHKオンライン コメントはまだありません



河野外務大臣は、北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けて15日夜、ロシアのラブロフ外相と電話で会談し、アプローチの違いはあるものの、朝鮮半島の非核化に向けて連携していくことで一致したと明らかにしました。

河野外務大臣は、北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けて、15日午後8時半ごろから、ロシアのラブロフ外相とおよそ25分間、電話で会談しました。

この中で、河野大臣は「北朝鮮による弾道ミサイルは、安保理制裁決議が採択された直後に発射された。国際社会に対するあからさまな挑戦で、看過できない」と述べ、両外相は、国連安全保障理事会で採択された北朝鮮への制裁決議を着実に履行する必要があるという認識で一致しました。

そして、両外相はアメリカのニューヨークで開かれている国連総会に合わせて会談し、北朝鮮対応のほか先週行われた日ロ首脳会談を踏まえて、北方領土での共同経済活動の具体化に向けて協議することになりました。

会談の後、河野大臣は記者団に対し、「ロシアとしても今の事態を相当重く見ているようだ。アプローチの違いはあるが、朝鮮半島の非核化がゴールで、連携していくことが大切だという点では一致した」と述べました。





コメントを残す