情報収集衛星1機が運用終了 残る6機で安定運用

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 情報収集衛星1機が運用終了 残る6機で安定運用
NHKオンライン コメントはまだありません



内閣衛星情報センターは、現在7機ある情報収集衛星のうち経年劣化で異常が発生した1機について、復旧の見込みが立たないとして、15日で運用を終了しました。ただ、残る6機は安定的に運用されており、情報収集活動に影響はないとしています。

内閣衛星情報センターは安全保障に関する画像の収集や災害時の状況把握などを行うため、夜間や悪天候でも電波を使って地上の様子を撮影できる「レーダー衛星」4機と、高性能カメラを搭載した「光学衛星」3機の、合わせて7機の情報収集衛星を運用しています。

このうち、平成21年11月の打ち上げから、設計上の寿命とされる5年を超えて運用されてきた「光学衛星3号機」で、電源系の経年劣化で異常が発生したため、情報センターは復旧に向け作業を進めてきましたが、電力が枯渇したことから復旧の見込みが立たないとして、15日、運用を終了しました。

これについて、情報センターは「残る6機は安定的に運用されており、情報収集活動に大きな影響はない。北朝鮮情勢を含む現下の厳しい安全保障環境の中、宇宙基本計画の工程表に盛り込まれている10機体制の構築に向けて研究開発を進めていきたい」としています。





コメントを残す