安倍首相「国連安保理緊急会合開催を要請する」

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 安倍首相「国連安保理緊急会合開催を要請する」
NHKオンライン コメントはまだありません



インドから帰国した安倍総理大臣は、総理大臣官邸で記者団に対し、北朝鮮のミサイル発射について、断じて容認できないとしたうえで、国際社会が明確な姿勢を示す必要があるとして、国連安全保障理事会に緊急会合の開催を要請する考えを示しました。また、安倍総理大臣は、弾道ミサイルが発射された直後から動きを完全に把握していたことを明らかにしました。

インドから帰国した安倍総理大臣は、午前9時半前、総理大臣官邸に入りました。その際、安倍総理大臣は記者団に対し、「先般の国連決議で示された国際社会の一致した平和的解決への強い意志を踏みにじり、北朝鮮が再びこのような暴挙を行ったことは断じて容認できない」と述べました。

そのうえで、安倍総理大臣は、国連安全保障理事会に緊急会合の開催を要請する考えを示し、「世界の平和を脅かす北朝鮮の危険な挑発行為に対して、国際社会で団結し、一致して、明確なメッセージを発しなければならない。今こそ、国際社会の団結が求められている。先般の制裁決議を完全に履行しなければならないことが改めて明らかになった」と述べました。

また、安倍総理大臣は、「北朝鮮が、この道をさらに進めば、明るい未来はないということを理解させなければならない。今回も、日本政府はミサイル発射直後からミサイルの動きを完全に把握しており、万全の態勢をとっていた。引き続き強固な日米同盟のもと、緊張感を持って、国民の安全・安心の確保に万全を期していく」と述べました。





コメントを残す