嘉手納基地でのパラシュート降下訓練 中止求める考え 防衛相

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 嘉手納基地でのパラシュート降下訓練 中止求める考え 防衛相
NHKオンライン コメントはまだありません



小野寺防衛大臣は閣議のあとの記者会見で、アメリカ側から来週21日に沖縄の嘉手納基地でパラシュート降下訓練を実施すると連絡があったことを明らかにしたうえで、「嘉手納基地での訓練は例外的な場合に限ったものだ」として、訓練の中止を求めていく考えを示しました。

アメリカ軍のパラシュート降下訓練をめぐって日米両政府は、沖縄の伊江島補助飛行場に集約することで合意していますが、ことし4月と5月には嘉手納基地で訓練が行われ、防衛省は、事前に十分な調整を行うようアメリカ側に求めています。

こうした中、小野寺防衛大臣は閣議のあとの記者会見で、アメリカ側から、来週21日に嘉手納基地でパラシュート降下訓練を行うという連絡があったことを明らかにしました。

そのうえで、小野寺大臣は、「『嘉手納基地は、あくまでも例外的な場合に限って使用されるものだ』と繰り返し伝えているが、アメリカ側から、まだ十分な説明がない。さまざまなレベルを通じて嘉手納基地での訓練を中止するよう申し入れをしている」と述べました。





コメントを残す