北朝鮮ミサイル:襟裳岬東約2000キロの太平洋上に落下

Home » 3媒体 » 毎日新聞 社説・解説・コラム » 北朝鮮ミサイル:襟裳岬東約2000キロの太平洋上に落下
毎日新聞 社説・解説・コラム コメントはまだありません



北朝鮮がミサイルを発射したことを伝えるJアラートの画面が表示されたテレビ=東京都千代田区で2017年9月15日午前7時16分、小林努撮影



 【ソウル米村耕一】韓国軍合同参謀本部などによると、北朝鮮は日本時間の15日午前6時57分ごろ、平壌の順安(スナン)付近から東に向けて弾道ミサイルを発射した。日本政府によると、ミサイルは北海道上空を通過し、襟裳岬東約2000キロ付近の太平洋上に落下した模様。

 韓国軍によると、ミサイルは最高高度約770キロ、飛行距離は約3700キロとみられる。防衛省は高度を約750キロと推定している。

 日本政府は全国瞬時警報システム「Jアラート」を通じて、北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県での避難を呼びかけた。

 北朝鮮のミサイル発射は8月29日以来。この時は中距離弾道ミサイル「火星12」を発射し、日本上空を越えて北太平洋に着弾している。北朝鮮は今月3日には6回目の核実験を強行している。






コメントを残す