北朝鮮ミサイル:菅長官「日本領域の被害報告ない」

Home » 3媒体 » 毎日新聞 社説・解説・コラム » 北朝鮮ミサイル:菅長官「日本領域の被害報告ない」
毎日新聞 社説・解説・コラム コメントはまだありません



日本上空を通過した北朝鮮の弾道ミサイルについて説明する菅義偉官房長官=首相官邸で2017年8月29日午前9時、佐々木順一撮影



 菅義偉官房著官は15日午前、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け記者会見した。菅氏によると、北朝鮮は西岸から北東方向に向け1発の弾道ミサイルを発射。午前7時16分に北海道の襟裳岬の東約2000キロの太平洋上に落下した。航空機や船舶などへの被害は確認されていない。

 菅氏は「度を越した挑発行動は断じて容認できない。北朝鮮に対し厳重に抗議する」と語った。政府は首相官邸で国家安全保障会議(NSC)の閣僚会議を開いた。






コメントを残す