北ミサイル、北海道上空通過し太平洋落下…政府 – 読売新聞

Home » 政治 » 北ミサイル、北海道上空通過し太平洋落下…政府 – 読売新聞
政治 コメントはまだありません



 北朝鮮は15日午前6時57分頃、同国西岸の首都平壌ピョンヤン順安スンアン付近から弾道ミサイル1発を発射した。

 ミサイルは同7時4分~6分頃、北海道の上空を通過し、同7時16分頃に襟裳岬東の沖合約2000キロ・メートルの太平洋上に落下した。3日に強行した6回目の核実験に続く北朝鮮の軍事的挑発に、朝鮮半島情勢は緊迫の度を増している。

 北朝鮮のミサイルが日本列島上空を通過するのは、8月29日に北海道上空を通過した中距離弾道ミサイル「火星12」に続き、今回で6回目。北朝鮮による弾道ミサイル発射は、今年14回目。事前の発射予告はなかった。

 韓国軍によると、北朝鮮が発射したミサイルの最高高度は約770キロ・メートル、飛距離は約3700キロ・メートルだった。政府関係者は「前回と同じような発射だった」との見方を示した。高い角度で打ち上げる「ロフテッド軌道」ではない通常軌道による発射とみられる。

 政府は自衛隊法に基づく「破壊措置命令」を常時発令状態にして警戒にあたっていたが、国内に落下する恐れはないと判断し、迎撃措置は行わなかった。発射直後に全国瞬時警報システム「Jアラート」や自治体向け専用回線メール「エムネット」を使って自治体や住民に警戒を呼びかけた。航空機・船舶の被害や国内への落下物は確認されていない。

 菅官房長官は15日朝の緊急記者会見で、「繰り返される度を越した挑発行動を断じて容認できない」と述べ、北朝鮮に外交ルートを通じて厳重に抗議したことを明らかにした。

 北朝鮮は7月4日と同28日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」を発射し、8月8日には米領グアム周辺に火星12を発射する計画を公表。その後、島根、広島、高知の各県の上空を通過すると予告したため、防衛省は地対空誘導弾「PAC3」を飛行ルートとされる中国・四国地方の4県に展開し、警戒した。しかし、8月29日の「火星12」の発射は、予告とは異なる北海道上空を通るルートだった。





コメントを残す