トランプ大統領 11月に日中韓歴訪の意向表明

Home » 3媒体 » NHKオンライン » トランプ大統領 11月に日中韓歴訪の意向表明
NHKオンライン コメントはまだありません



アメリカのトランプ大統領は、11月に日本、中国、韓国を初めて訪問する意向を明らかにしました。安倍総理大臣らと首脳会談を行い、核やミサイルの開発を加速させる北朝鮮への対応や通商政策などをめぐって意見を交わす見通しです。

トランプ大統領は14日、訪問先の南部フロリダ州からワシントンに戻る大統領専用機内で記者団に対し、11月に日本、中国、韓国を訪問する意向を明らかにしました。トランプ大統領が、アジアを歴訪するのはことし1月の就任以来、初めてとなります。

日中韓3か国への訪問でトランプ大統領は、安倍総理大臣や中国の習近平国家主席、それに韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領と首脳会談を行い、核やミサイルの開発を加速させる北朝鮮への対応や通商政策などをめぐって意見を交わす見通しです。

日米の外交筋によりますと、日本側は11月上旬の訪問を要請しているということで、トランプ政権は今後、具体的な日程調整を行うことにしています。

さらにトランプ大統領は、11月にベトナムで開かれるAPEC=アジア太平洋経済協力会議の首脳会議について出席する可能性があると述べました。また同じ11月にフィリピンで開かれるASEAN=東南アジア諸国連合との首脳会議については「招待されており、そのうちわかる」と述べました。





コメントを残す