「不測の事態に備え万全の態勢を」 首相指示

Home » 3媒体 » 日本経済新聞 » 「不測の事態に備え万全の態勢を」 首相指示
日本経済新聞 コメントはまだありません



 菅義偉官房長官は15日朝、緊急の記者会見を開き、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、外遊中の安倍晋三首相と連絡を取り、不測の事態に備えて万全の態勢を取ることなどを指示されたことを明らかにした。

 首相指示は、(1)情報収集分析に全力を挙げ、国民に迅速的確な情報提供をする(2)航空機や船舶などの安全確認を徹底する(3)不測の事態に備え万全の態勢を取る(4)ミサイルが通過したと判断される地域に重点をおいて落下物などの被害がないか速やかに確認する(5)北朝鮮の今後の動向を含め情報の収集・分析を徹底する(6)米国や韓国と連携し、緊張感をもって必要な対応を適宜適切に行う――など。





コメントを残す