首相、地元・山口の花火大会出席「世界中の人が集まる街に」

Home » 3媒体 » 日本経済新聞 » 首相、地元・山口の花火大会出席「世界中の人が集まる街に」
日本経済新聞 コメントはまだありません

 安倍晋三首相は13日、昭恵夫人とともに地元の山口県下関市で関門海峡花火大会に出席した。「地域が良くならなければ日本も成長していかない。この活気を生かしてどんどん若い人が集まってくる、世界中の人たちが集まってくる街になっていけばいいなと思う」とあいさつした。

 この後、同市内の忌宮神社で開いた「数方庭(すほうてい)祭」にも参加した。地域住民たちとの記念撮影にも応じた。

 首相は11日から昭恵夫人と地元・山口県入りし、お盆に合わせ、県内の支援者らの自宅を相次ぎ弔問している。支援者からは「お身体だけはお気をつけください」などと健康を気遣う声をかけられることが多かった。首相も「ありがとう。大丈夫です」などとこたえていた。

 首相は14日も支援者の自宅などを訪問した後、同日午後に東京に戻り、15日には東京・千鳥ケ淵で開く全国戦没者追悼式に出席する予定だ。

コメントを残す