駐韓大使、大統領代行と会談へ 3カ月ぶり帰任へ現地に到着

Home » 3媒体 » 日本経済新聞 » 駐韓大使、大統領代行と会談へ 3カ月ぶり帰任へ現地に到着
日本経済新聞 コメントはまだありません



 韓国・釜山の従軍慰安婦を象徴する少女像設置への対抗措置として一時帰国していた長嶺安政駐韓大使は4日夜、ソウルに帰任した。長嶺氏は近く黄教安(ファン・ギョアン)大統領代行兼首相と会談し、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」をうたう2015年の日韓合意の着実な履行と、次期政権への引き継ぎを要請する。

 ソウルの日本大使館への帰任は1月9日以来、約3カ月ぶりとなる。長嶺氏は4日午前、首相官邸で安倍晋三首相に帰任を報告。首相は像の撤去を求める日本の意思を黄氏に直接伝えるよう指示した。長嶺氏は4日夜、ソウル近郊の金浦空港に到着。記者団に「安倍首相の指示に基づき、黄氏に会って、日韓合意の履行を強く求めていく」と述べた。

 政府は長嶺氏を帰任させることで、膠着状態に陥っている日韓関係の修復に動く構え。菅義偉官房長官は4日の記者会見で「対北朝鮮政策や安全保障など様々な分野で日韓協力をさらに進めていきたい」と述べた。

 5月9日投開票の大統領選を前に、有力候補である野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表側ら大統領候補との関係構築も長嶺氏の課題だ。文氏の歴史問題での対日姿勢は厳しく、日韓合意の再交渉を主張する。北朝鮮には融和的な考えを持っており、北朝鮮の挑発に日米と連携して圧力を強める方針で臨んできた現政権の方針を継承するかどうかも日本政府の関心事項だ。





コメントを残す