韓国:モーターショーで「鄭夢九拘束」を叫んだ労働者7人を警察が暴力連行 – レイバーネット日本

Home » 贈収賄 » 韓国:モーターショーで「鄭夢九拘束」を叫んだ労働者7人を警察が暴力連行 – レイバーネット日本
贈収賄 コメントはまだありません



数十人の用役と警察が労働者をなぎ倒して手錠

キム・ハンジュ記者 2017.03.31 16:24

警察がソウル・モーターショーで現代車グループの鄭夢九(チョン・モング)会長の拘束を要求した現代起亜車労働者7人を連行した。
連行の過程で労働者1人が大怪我をして、病院に運ばれた。

[出処:キム・ソンミン ユソン企業嶺東支会長FaceBook]

[出処:キム・スオク起亜車華城社内下請分会長FaceBook]

3月31日12時40分頃、現代車非正規職、起亜車非正規職、ユソン企業労働者約18人は、
一山キンテクスで開かれたソウルモーターショーイベント会場で
「不法派遣現行犯・鄭夢九(チョン・モング)拘束」、
「労組破壊現行犯鄭夢九(チョン・モング)拘束」という横断幕を広げシュプレヒコールをあげた。

ユソン企業嶺東支会のキム・ソンミン支会長によれば、
警察と警備用役、数十人は労働者たちがシュプレヒコールをあげた瞬間、直ちに制圧した。
キム支会長は「警察が腕を折って地面に倒し、集団で暴行した」とし
「外部の警備員は労働者を鎮圧して、警察に引き渡した」と伝えた。

この過程で起亜車非正規職労働者1人が腰と肩に大きな怪我をして、一山ペク病院に運ばれた。
負傷の程度は把握中だ。

キム・ソンミン支会長は
「弁護士が接見した結果、
連行時に労働者たちへのミランダ告知もきちんとしなかった」と話し、
警察の過剰鎮圧の議論が予想される。

労働者7人は午後1時頃、一山西部警察署に強制連行された。
現代車非正規職支会のユ・ホンソン支会長をはじめ、
現代車非正規職3人、起亜車非正規職2人、ユソン企業労働者2人の合計7人が調査室で待機中だ。

これに先立って現代起亜車非正規職、ユソン企業労働者たちはソウルモーターショーイベント会場の前で
「不法派遣、労組破壊、贈収賄鄭夢九を拘束しろ」記者会見を進めた。
警察はこの記者会見も集会だとして解散命令をした。

現在、一山西部警察署は警察力を動員して
警察署の出入りを止めている。

現代車非正規職支会、起亜車非正規職支会、ユソン企業支会は
「朴槿恵(パク・クネ)は拘束されたが、財閥だけに寛大な検察、警察、司法府の職務遺棄は変わらない」とし
「連行され、監獄に行くべき人は、労働者ではなく犯罪者鄭夢九」と伝えた。

[出処:キム・スオク起亜車華城社内下請分会長FaceBook]

原文(チャムセサン)

翻訳/文責:安田(ゆ)

著作物の利用は、原著作物の規定により情報共有ライセンスバージョン2:営利利用不可仮訳 )に従います。




Created byStaff.
Created on 2017-04-05 10:30:39 / Last modified on 2017-04-05 10:30:40 Copyright: Default



コメントを残す