野党4党、6日の審議入り反対で一致 「共謀罪」法案

Home » 3媒体 » 日本経済新聞 » 野党4党、6日の審議入り反対で一致 「共謀罪」法案
日本経済新聞 コメントはまだありません



 民進、共産、自由、社民の野党4党は4日、国会内で国会対策委員長会談を開き、与党が提案している組織犯罪処罰法改正案の6日の審議入りに反対する方針で一致した。同改正案は犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する内容。4党は性犯罪を厳罰化する刑法改正案を先に審議するよう求めることも確認した。

 この後、民進党の山井和則国会対策委員長が自民党の竹下亘国対委員長に電話で連絡し、6日の衆院本会議は刑法改正案を審議するよう要求した。竹下氏は「我々はテロ等準備罪から6日は入らせていただく」と説明し、折り合わなかった。民進党は「共謀罪」法案の審議を予定する衆院法務委員会の4日の理事懇談会を欠席した。





コメントを残す