谷内局長と米補佐官 北朝鮮ミサイル発射受け連携確認

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 谷内局長と米補佐官 北朝鮮ミサイル発射受け連携確認
NHKオンライン コメントはまだありません



北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け5日夜、政府の国家安全保障局の谷内局長は、アメリカのマクマスター大統領補佐官と電話で会談し、発射は重大な挑発行為で断じて許すことができないとして日米両国が引き続き緊密に連携して対応していくことを確認しました。

政府の国家安全保障局の谷内局長は、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受け、5日午後9時半ごろからおよそ30分間、アメリカのトランプ政権で安全保障政策を担当するマクマスター大統領補佐官と電話で会談しました。

この中で、谷内局長は、「今回の弾道ミサイルの発射は、日本とアメリカや地域全体に対する重大な挑発行為で、断じて許すことはできない」と述べました。
これに対し、マクマスター氏は、「谷内局長の考えに同意する。北朝鮮の脅威をアメリカも深刻に捉えており、アメリカは日本の立場を完全に支持している」と述べ、日本とアメリカが、引き続き緊密に連携して対応していくことを確認しました。





コメントを残す