森友問題、やましくないなら早々に決着を – 日経ビジネスオンライン

Home » 政治家 秘書 » 森友問題、やましくないなら早々に決着を – 日経ビジネスオンライン
政治家 秘書 コメントはまだありません



2017年4月5日(水)

 森友学園の問題が世間を賑わせています。衆参の予算委員会は3月23日、同学園の籠池泰典理事長を証人喚問しました。政府・与党としてはここで決着させたかったのでしょうが、問題はむしろ拡大しつつあるように見え、終息の見通しも立たないままです。

 籠池氏がわざわざ自分から「昭恵夫人を通じて安倍首相から100万円を受け取った」と言い出しました。それが虚偽かどうか今の時点では不明ですが、籠池氏の個人的な感情があるからではないかと私は見ています。

 籠池氏は、安倍首相に心酔していると言っていいほど慕っていたという話があります。幼稚園児に運動会の場で首相に「ありがとうございます」と言わせ、首相の名前を小学校の校名に付けようとしたほどですからね。一方、安倍首相はそんな籠池氏に対して危機感を覚え、距離を置こうとしたのではないかとの見方がある。籠池氏は安倍首相に“ふられ”、逆上したのではないでしょうか。ひょっとしたら「死なばもろとも」と考えているのかもしれません。

 今回は、数字とは関係しませんが、森友問題について私の思うことを述べたいと思います。

国会での証人喚問で証言する森友学園の籠池氏(写真:つのだよしお/アフロ)

やましいことがないなら、早々に昭恵夫人を証人喚問すべき

 籠池氏の証人喚問では、安倍晋三首相の妻である昭恵夫人から寄付金100万円を受け取ったかどうかや、国有地売却において政治家の関与があったかどうかなどが問われました。

 私がまず思ったのは、なぜ政府・与党は籠池氏を偽証罪で告発しないのかということです。籠池氏は、「2015年9月5日、私と昭恵夫人の2人しかいない密室で100万円の現金が入った封筒を受け取った」と述べました。

 一方、安倍首相は「自分は寄付をしていないし、妻個人でも寄付はしていない」と反論しています。双方の言い分が完全に食い違っています。

 証人喚問の後、自民党幹部から「籠池氏は嘘つきだ」との声が上がっていました。そう言うならば、事実を明確にすればいいのではないでしょうか。

 政府は今のところ「二人きりの密室で、昭恵夫人が籠池氏に100万円を渡していないことを立証するのは難しい」として告発はしていません。

 確かに、密室で金銭の授受がなかったことを証明するのは難しいかもしれません。しかし、「二人だけで密室に入ったかどうか」は立証できるでしょう。首相夫人は秘書を同行させていたはずです。籠池氏の秘書も近くにいたはず。双方の秘書を証人喚問して、「二人だけで密室に入ったかどうか」の事実を問えばよいのです。密室に入っていなければ、現金の授受もなかったことになるわけですから。

 また、仮に安倍首相が森友学園に寄付していたとしても、逆にお金を受け取っていれば別ですが、それ自体に法律上の問題はありません。もちろん、「自分も妻も籠池氏との間に深い関わりはなかった」という首相の主張が“ウソ”だったことになるのはイヤでしょう。それでも、道義上の問題はあっても法律上の問題はないはずです。

 なぜ、政府・与党は偽証罪での告発をためらっているのでしょうか。偽証罪は裁判所で裁かれることになる。色々と詮索されるのは好ましくないと判断しているのだと考えればつじつまが合います。

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます





コメントを残す