体操:跳馬の新技、「シライ3」と命名 国際連盟

Home » 3媒体 » 毎日新聞 社説・解説・コラム » 体操:跳馬の新技、「シライ3」と命名 国際連盟
毎日新聞 社説・解説・コラム コメントはまだありません



白井健三=共同



 国際体操連盟(FIG)は4日、男子跳馬でリオデジャネイロ五輪銅メダリストの白井健三(日体大)が2月の種目別ワールドカップ(W杯)メルボルン大会で成功した「シェルボ2回ひねり」を「シライ3」と命名したと発表した。20歳の白井にとって、自身の名が付く技は床運動と跳馬で三つずつ、計6個となった。

 体操では五輪や世界選手権など主要国際大会で初めて成功させた選手名が技の名前となる。過去の国際大会で成功例がないことが確認された。

 「シライ3」はロンダートの踏み切りで跳馬に着手するまでに1回ひねり、伸身姿勢で後方宙返りする間に2回ひねる。(共同)






コメントを残す