【福岡】「田川地域の教育改革推進」 大任町長選 無投票4選、永原氏抱負 – 西日本新聞

Home » 市区町村長選 » 【福岡】「田川地域の教育改革推進」 大任町長選 無投票4選、永原氏抱負 – 西日本新聞
市区町村長選 コメントはまだありません



 4日告示の大任町長選で、無投票4選を果たした永原譲二氏(63)は、町内の事務所で支持者と万歳三唱し「町民の思いを受け止め、大任町と県の発展のため謙虚に有言実行で取り組む」と抱負を語った。

 永原氏は取材に対し、4期目の重点政策として「まずは学力の低下が著しい田川地域の教育改革を進める」との考えを示した。その上で、同町を含む田川地区8市町村が目指している県立大付属の中高一貫校設立の実現へ「県との協議を進めていく」と強調した。また、町内に設置予定の田川地区8市町村共同のごみ・し尿各処理施設とごみ焼却灰処分場は「今後も建設を促進する」と意気込んだ。

 無投票で連続4回当選となったことは「町民から今後も町政のかじ取りを託されたことの表れ。町民と一体のまちづくりに、信頼をいただいたと思う」と述べた。

=2017/04/05付 西日本新聞朝刊=

◆500台限定!ホークスファン専用のタブレットが今月より発売開始。プレミアム特典も。





コメントを残す