「プロレス総選挙2017」第1次速報。初日時点での1位は、あの男! – Number Web

Home » 選挙 » 「プロレス総選挙2017」第1次速報。初日時点での1位は、あの男! – Number Web
選挙 コメントはまだありません



 Numberの表紙をかけ、全団体の現役レスラーを対象としたプロレス総選挙が4月3日からスタートしました。

 日本のリングで闘ったことのあるすべての現役レスラーの中から、1人3選手まで投票が可能です。

 1位3ポイント、2位2ポイント、3位1ポイントとして投票を集計。上位10位までに入った選手は必ず誌面に記事を掲載し、1位に輝いた選手が7月10日発売予定のNumberPLUS「プロレス2017(仮)」の表紙を飾ります。

 初日、4月3日21時の時点で、なんと投票者数は1000人を突破。

 まずはその時点でのランキングを速報いたします。

 第10位は…田口隆祐選手(新日本プロレス所属)

 「オヤァイ!」でお馴染み、今や数々の名采配をみせ、話題に事欠かない「タグチジャパン」の監督がランクイン!

 ファンの方からは「真剣な闘いとコミカルな闘いの両方で観客を魅了できる今一番目の離せない戦術だと思う」(30代・男性)とお笑いとシリアスな要素をリングに取り入れるという独自性を讃える声が寄せられました。

 続いて9位は…“キング・オブ・ダークネス”EVIL選手(新日本プロレス所属)

 内藤哲也選手率いる「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」のパレハとして新日本プロレスに登場。内藤選手と同じ、アニマル浜口ジム出身。

「EVIL選手は技の1つ1つ重くて正確で試合が面白いのはもちろん、試合中の仕草や表情が素敵」(10代・女性)、「EVIL選手は私がプロレスにハマるキッカケになったと言ってもいいくらい、第一印象のインパクトが抜群で今でも一番好きな選手です」(30代・女性)と女性ファンの方からもっと注目されるべき選手!と支持を集めました。

 第8位は…飯伏幸太選手(飯伏プロレス研究所所属)

 新日本プロレス、DDTの2団体退団から1年――。現在は、国内だけでなく、アメリカやイギリスなど世界のリングに上がったり、映画の主演を務めてみたりと様々な活動をみせています。

「試合を見ていて常にワクワクドキドキする。空中での体勢が非常に綺麗!」(30代・女性)、「プロレス初心者、がっつりファンにも一度試合を観たら『次も早く観たい!』と思わせてくれる選手」(40代・女性)など、驚くべき身体能力から生みだされる華麗な技の数々を絶賛する声が寄せられました。

【次ページ】 続いて7位から4位までを発表!





コメントを残す