視聴率はうなぎのぼり?森友問題で一番の「勝ち組」メディアは … – livedoor

Home » 0政党 » 民進党(旧民主党) » 視聴率はうなぎのぼり?森友問題で一番の「勝ち組」メディアは … – livedoor



 連日、“森友祭り”のテレビのワイドショーも笑いが止まらない。

「とにかく絵(映像)が面白い。登場人物のキャラが立つ。次々に新ネタが出てきて視聴者を飽きさせない。こんな3拍子揃ったネタは久しぶりですよ」

 民放キー局のテレビマンは興奮気味に語る。

 それはそうだろう。天下の首相夫妻と一民間人である籠池泰典・諄子夫妻が100万円を「渡した」「受け取っていない」などと互いに「ウソつき」と罵り合う泥仕合などなかなか見られない。連日の報道で視聴率はうなぎのぼりといい、普段は視聴率2〜3%のNHKの国会中継でさえ、籠池喚問(3月23日)はなんと最高16.1%(関東地区。関西地区は17.7%)に達した。メディアにとってはまさに籠池特需だ。

 その中でも一番の勝ち組は安倍首相に食い込むフジサンケイグループだろう。

 産経新聞証人喚問の翌日に「メール全容判明」といち早く昭恵氏と籠池夫人が交わしたメールの内容を報じれば、フジテレビも同日昼のワイドショー『グッディ!』で「独占入手」とメールを紹介した。

「言いたい放題の籠池に反論したいことが山ほどある安倍首相サイドが、反証材料を保守系メディアに流す。総理が苦しくなればなるほど親安倍メディア、とくに産経にタナボタでネタが集まっている」(政治部記者)

 さらに産経新聞は森友疑惑追及を強める野党を牽制するように、証人喚問までは「再び解散風が吹き始めた」(3月6日付)などと4月衆院解散説を書き立て、喚問が終わった途端に「首相、4月総選挙見送り」(3月28日付)と“スクープ仕立て”で報じた。自社スクープを自社スクープでひっくり返す離れ業だ。

 いまや森友疑惑は意固地になった安倍首相と開き直る籠池氏の非難合戦にとどまらず、籠池夫人のメールで「幼稚園に侵入しかけた」と名指しされた民進党の辻元清美氏という新たな登場人物まで加わった三つ巴の泥仕合と化し、与野党とも幕を引きたくても引けなくなっている。メディアにとっては面白おかしい話題が提供され続けるわけだが、おいしい話には毒がある。

 メディアが籠池劇場の高視聴率に浮かれて思考停止になっているのを見て、陰で「ありがとう」と喜んでいる人たちがいることを忘れてはならない。

※週刊ポスト2017年4月14日号





コメントを残す