民法改正案、7日に採決=「共謀罪」審議へ地ならし-衆院委

Home » 3媒体 » グノシー » 民法改正案、7日に採決=「共謀罪」審議へ地ならし-衆院委
グノシー コメントはまだありません



No image

会談に臨む民進党の山井和則氏(中央)、共産党の穀田恵二氏(右から2人目)ら4野党の国対委員長ら=4日午後、国会内

衆院法務委員会は4日の理事懇談会で、債権関係の規定を改める民法改正案の一般質疑を5日に行うことを鈴木淳司委員長(自民)の職権で決めた。与党は7日に同委で採決する方針だ。同委は、「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を所管しており、与党としては民法改正案の先行処理で実質審議に向けた環境を整えたい考えだ。(2017/04/04-19:47)





コメントを残す