政府、「IR推進本部」初会合 安倍晋三首相「ギャンブル依存症懸念に万全の対策を講じる」

Home » 3媒体 » グノシー » 政府、「IR推進本部」初会合 安倍晋三首相「ギャンブル依存症懸念に万全の対策を講じる」
グノシー コメントはまだありません



政府は4日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)導入に向けた「特定複合観光施設区域整備推進本部」(本部長・安倍晋三首相)の初会合を官邸で開いた。カジノの運営方法や規制のあり方、ギャンブル依存症やマネーロンダリング(資金洗浄)対策などの議論を本格化し、今秋の臨時国会で具体的なルールを盛り込んだIR実施法案の提出を目指す。

会合には全閣僚が出席。安倍首相は「クリーンなカジノを含んだ魅力ある日本型IRをつくりあげる」と意欲を示した。同時に「世界最高水準のカジノ規制を導入する。依存症やマネーロンダリング、青少年への影響などさまざまな懸念に万全の対策を講じる」と述べ、依存症対策の強化を求めた衆参両院の付帯決議を踏まえつつ法案づくりを急ぐよう指示した。

具体的な制度設計は推進本部の下に設置するIR推進会議が担う。大阪商業大の美原融教授や大和総研常務の熊谷亮丸氏ら有識者8人で構成し、6日からIR区域の認定制度や入場料の水準、事業者らを規制するため内閣府の外局として設ける「カジノ管理委員会」の運営などについて検討を進め、今夏をめどに実施法案の大枠を固める。





コメントを残す