安哲秀氏が公認候補に=文在寅氏と一騎打ちへ―韓国大統領選 – BIGLOBEニュース

Home » 立候補 略歴 » 安哲秀氏が公認候補に=文在寅氏と一騎打ちへ―韓国大統領選 – BIGLOBEニュース
立候補 略歴 コメントはまだありません





 【ソウル時事】韓国の中道系第2野党「国民の党」は4日、5月9日投票の大統領選の候補を選出するため、中部地域で予備選を実施し、安哲秀前共同代表(55)が累計得票率75%で圧勝し、公認候補に選ばれた。
 安氏は受諾演説で「必ず勝利して報いる」と強調。大統領候補の支持率調査でトップを走る革新系最大野党「共に民主党」の文在寅前代表(64)について「文在寅の(絶頂の)時間は過ぎつつある」と指摘し、文氏に挑戦状を突き付け、巻き返しを誓った。また、「(朴槿恵前大統領の)弾劾に反対した勢力に免罪符を与えるような連帯はしない」と断言し、保守系与党・自由韓国党との連携の可能性を否定した。
 文在寅氏は3日、共に民主党の公認候補に決まった。自由韓国党は洪準杓氏(62)、非主流派が結成した新党「正しい政党」は劉承※(※日ヘンに文)氏(59)を既にそれぞれ候補に決定しており、主要政党の候補が出そろった。
 調査機関リアルメーターが3月末、各政党の候補一本化を想定して実施した支持率調査では、文氏が43.0%でトップ、安氏が22.7%で2位。洪氏は10.2%、劉氏は3.9%だった。このまま推移すれば、文、安両氏の一騎打ちとなり、安氏がどこまで支持を伸ばせるかが焦点となる。
 安氏はもともと医師だが、コンピューター専門家でもある。鉄鋼大手ポスコの取締役会議長を務めるなど、経営にも明るい。2012年の大統領選ではいったん出馬を表明したが、文氏との候補一本化のため断念した。今回は文氏と決着をつける構えだ。
◇安哲秀氏略歴
 安哲秀氏 62年釜山生まれ。ソウル大医学科卒。海軍で軍医として勤務。コンピューター専門家でもあり、95年安哲秀研究所を創設。ウイルス対策ソフトを開発した。10〜11年ポスコ取締役会議長。11〜12年ソウル大融合科学技術大学院長。12年大統領選への出馬を表明するが、立候補断念。13年4月の国会議員補選で当選。14年3月新政治民主連合(当時)の共同代表。同7月の国会議員補選敗北を受けて共同代表辞任。16年2月国民の党を結成、共同代表に。同6月党の不正政治資金疑惑で共同代表を辞任した。(了)

[時事通信社]





コメントを残す