カジノ解禁に向け規制など検討 IR推進本部が初会合

Home » 3媒体 » 朝日新聞デジタル » カジノ解禁に向け規制など検討 IR推進本部が初会合
朝日新聞デジタル コメントはまだありません



 政府は4日、カジノを含む統合型リゾート(IR)の制度づくりを担うIR推進本部(本部長・安倍晋三首相)の初会合を開いた。カジノ解禁に向け、依存症やマネーロンダリング対策、入場規制の方法などを具体的に検討する。今秋の臨時国会にIR法案の提出をめざす。

 安倍首相は会合で「クリーンなカジノを実現するため、世界最高水準のカジノ規制を導入する。魅力ある日本型IRをつくり上げたい」と述べた。政府は、家族で楽しめる遊興施設や国際会議場などをカジノに併設し、観光客を呼び込むことで経済効果や雇用の創出につなげることをめざす。根強いカジノ反対論を意識し、収益を文化振興など公益目的にも使うとうたう。

 推進本部は具体的な制度設計に向け、有識者でつくるIR推進会議を設け、6日から議論を始める。IRをつくる地域の認定やカジノ規制のあり方、入場料や納付金の水準を具体的に検討し、今年夏ごろまでにとりまとめる。委員は次の通り。

 熊谷亮丸(大和総研チーフエコノミスト)▽桜井敬子(学習院大法学部教授)▽篠原文也(政治解説者)▽武内紀子(コングレ社長)▽丸田健太郎(公認会計士)▽美原融(大阪商業大教授)▽山内弘隆(一橋大院商学研究科教授)▽渡辺雅之(弁護士)(南日慶子)





コメントを残す