【韓国前大統領逮捕】政治風土を問い直す機会だ : 47トピックス – 47News – 47NEWS

Home » 1政治スキャンダル » 【韓国前大統領逮捕】政治風土を問い直す機会だ : 47トピックス – 47News – 47NEWS
1政治スキャンダル コメントはまだありません



【宮崎日日新聞】<社説>■試練を乗り越え、共存する未来づくりへ努力を傾けたい

 韓国の朴槿恵前大統領が財閥からの巨額収賄や職権乱用などの容疑で逮捕された。韓国憲政史上初となった大統領職からの罷免に続き今後、起訴され刑事被告人として法廷に立つことになる。

 韓国政治を混乱させた今回のスキャンダルは、民主化から30年を迎えた韓国の政治風土にも重い課題を投げかけている。前大統領が憲法秩序を無視するように振る舞うことができた制度的な問題点を考える機会にしてほしい。

法秩序軽んじた責任

 父親の朴正熙元大統領が側近に銃殺され、母親も朴元大統領を狙った銃弾の流れ弾で失った“悲劇のプリンセス”の末路として、罷免と逮捕は悲惨きわまりない。

 疑惑を相次いで報じ非難してきた韓国メディアの中には、罷免により政治的制裁は受けたので、逮捕は見送り、在宅起訴で公判を進めるべきではないかとの同情的な論調も出てきた。

 しかし、前大統領が強大な権限を行使し、憲法秩序を軽んじた責任は、同情論では軽減できるものではない。法や秩序を無視した統治スタイルの実態が次々と暴かれると、内政は停滞、低迷する経済も大手財閥への操作で打撃を受け、外交面でも空白状態が続いている。
………(2017年4月4日)<記事全文>

2017/04/04 10:45





コメントを残す