【森友学園問題】大阪市、森友側に保育士派遣、退職相次ぎ緊急措置 … – 産経ニュース

Home » 1政治スキャンダル » 森友学園問題 » 【森友学園問題】大阪市、森友側に保育士派遣、退職相次ぎ緊急措置 … – 産経ニュース
森友学園問題, 自由民主党 コメントはまだありません



 大阪市は4日、学校法人森友学園の籠池(かごいけ)泰典氏が代表を務める社会福祉法人が運営する認可保育園「高等森友学園」(大阪市淀川区)から、保育士2人が退職したとの連絡を受け、保育士資格を持つ職員を派遣すると明らかにした。必要な保育士数が不足し認可基準に抵触するための緊急措置で、5日から約1カ月間、保育士資格がある市職員を最大6人派遣する。市によると、民間保育園に自治体の保育士を派遣するのは異例という。

 市によると4日午前、籠池氏の妻で園長を務める諄子(じゅんこ)氏から連絡があった。今月1日現在で0~5歳の幼児47人が在籍。市の基準では6人以上の保育士が必要だが、園は市に「4日までに2人が自己都合で退職し、5日以降は保育士が4人しか確保できない」と説明したという。

 退職理由について園側は「一連の問題で職員に負担がかかっていた」と説明。市は、給与遅配などは確認されていないとしている。

 市によると、昨年12月時点で園が報告していた保育士数は11人。運営委託費や補助金などの不正受給疑惑で市が先月31日に立ち入り調査した際、保育士数の確認を求めたが、籠池氏らは回答を留保したという。

 市は配置基準を満たすため、早急に保育士を確保するよう園に口頭で指導した。





コメントを残す