【ゆる登山はじめました】山の花見は情報収集から 天候に左右される開花、交通規制の確認も

Home » 3媒体 » ZAKZAK » 【ゆる登山はじめました】山の花見は情報収集から 天候に左右される開花、交通規制の確認も
ZAKZAK コメントはまだありません




 新年度が始まり、町なかでは桜が見頃を迎えようとしています。「今年は例年より開花が早い」と予想されていましたが、月末に寒い日が続き、結局、平年並みとなっているようです。

 4、5月は、低山が花の季節です。さまざまな花木が山を彩るなか、やはり心を引きつけられるのはサクラです。満開のサクラを目当てに芽吹きの山へ出掛けましょう。

 山に咲くサクラには、多くの種類があります。公園や街路樹に多く見られるのはソメイヨシノですが、山の中ではヤマザクラという野生の桜が多く見られます。開花はソメイヨシノより半月ほど遅く、関東地方の低山なら、4月下旬が見頃。開花と同時に赤みを帯びた若葉が芽吹きます。

 そのほか、公園などに多く見かけるヤエザクラ、伊豆半島や房総半島などに見られるオオシマザクラ、標高の高い山に咲くミネザクラなどがあります。標高が高い、あるいは緯度の高い場所ほど、開花時期は遅くなります。

 山のサクラが見頃を迎える頃、冬の間に葉を落としていた広葉樹が芽吹き始めます。淡い緑や濃い緑、赤みがかった緑……遠くから見上げる山の斜面は、さまざまな緑色でだんだら模様のように染まります。春は山が生命力に満ちあふれる季節です。

 市町村で、さくらまつりなどのイベントを開催していることもあります。お花見に加えて特産品の販売や郷土料理のふるまいも楽しみです。

 お花見登山を楽しむ一番のコツは「開花情報の収集」。これに尽きます。紅葉と同様、開花も天候に左右されるので例年の見頃はあくまでも目安。年により1週間程度ずれることがあります。






コメントを残す