任期満了まで半年 橋本氏7選出馬は? 県政界が注視 自民県連は対決姿勢鮮明 – 産経ニュース

Home » 知事選 » 任期満了まで半年 橋本氏7選出馬は? 県政界が注視 自民県連は対決姿勢鮮明 – 産経ニュース
知事選 コメントはまだありません



 6期目の任期満了(9月25日)まで半年を切った茨城県の橋本昌知事(71)が、いつ次期知事選への出馬を決意し、表明するのかを県政界が注視している。本人は態度を明らかにしていないが、7選に向けて立候補するというのが衆目の一致した見方だ。一方、自民党茨城県連は元経済産業省職員でIT会社役員の大井川和彦氏(53)を擁立し、知事選に向けた動きを加速。早くも両陣営が水面下で火花を散らしている。(上村茉由)

 3月27日夕、水戸市笠原町の県庁5階の一室。県内32市長で構成する県市長会長の豊田稔北茨城市長が橋本知事と面会した。豊田氏が引き連れた県内の市長16人が2人を取り囲むように並んだ。

 豊田氏「一刻も早く決断してほしい」

 橋本知事「みなさんの気持ちに応えられるよう、前向きに検討したい」

 豊田氏は、笠間市とひたちなか市を除く30市長からの立候補要請書を携え、早期の出馬決断を迫った。橋本知事は明言を避けたものの、「出る、出ないの方向は早めに示すが、政策をどうするかは選挙の時期に訴える」と伝えた。すでに知事選を見据えていることを印象づけた。

続きを読む





コメントを残す