野田聖子議員が体外受精に足踏みする日本の不妊治療に意見

Home » 3媒体 » グノシー » 野田聖子議員が体外受精に足踏みする日本の不妊治療に意見
グノシー コメントはまだありません



No image

日本でいち早く卵子提供に挑んだ野田議員

体外受精の治療費は1回50万円、45才以上の出産率はわずか1%。採卵、服薬、注射、検査、結果発表を繰り返し、夫婦は心身ともに疲弊していく。それでも不妊に悩む夫婦はこの治療に一縷の望みを託すしかなかった。3月、国内初となる匿名の卵子提供による出産が発表された。

不妊治療を受ける彼らの希望の光となるのか…2010年に卵子提供を受けて妊娠・出産した野田聖子議員(56才)が、今回の匿名卵子出産への思いを語った。日本でいち早く卵子提供に挑んだのが野田議員だった。

41才から14回にわたり不妊治療を受けた。1日に3回の服薬、ホルモン分泌を促す注射、加えて地元・岐阜と東京を行き来する多忙な議員生活。流産も経験し、一時は「もう死ぬしかない」と考えるほどの苦悩を抱えた。

体外受精での妊娠・出産率は、45才以上の場合わずか1%。

「でもその1%にかけちゃうんだよね。医師も周りも無理だって言ってくれないから終わりが見えないの」(野田議員)

昨年、国立社会保障・人口問題研究所が発表した「第15回出生動向基本調査」によると、子供のいない夫婦のうち28.2%に不妊の検査や治療の経験があるという。

「日本が間違っているのは、体外受精でほとんどの夫婦が足踏みをしていること。1回約50万円もする体外受精を何度も受け続ければ、そのうちお金はなくなる。通院しながら働くことが難しくなり、夫婦仲は悪くなる。でも他国は数回体外受精をしてできなかったら、次は卵子提供をやりましょう、養子縁組をしましょうって親になるプロセスをちゃんと作ってくれている。

日本の不妊治療は次のステップがない。日本では“血を分けた子じゃないと自分の子じゃない”という考えが強いので不妊治療からなかなか卒業できない」(野田議員)

2008年に交際を始めた7才年下の一般男性の勧めで卵子提供に踏み切った野田議員は、州法で認可されているアメリカのネバダ州へ飛んだ。

「卵子提供者の顔、年齢、学歴など膨大なデータをもらったけど、自分で選ぶことはしませんでした。夫がO型だったので、何かあった時に輸血できるよう血液型だけを考慮して。自分の顔に似た提供者を探す人もいるけど、私は子供をデザインするみたいで嫌だった。

それに、自分と同じ顔の子しか愛さないなんておかしいでしょ? きょうだいだって顔も性格も違うし、育て方と環境によると思う」(野田議員)

提供者の情報を自ら避けたという野田議員。

「そういう意味では私も今回の匿名卵子提供と同じようなものですね。国内で卵子提供を受ける制度があれば、日本の医療を受けられる安心がある。アメリカのように医療費が高い国で行うより金銭的な負担が減るし、国内移動なら体への負担も軽くなります。妊娠中や産後も何かあった時にすぐ提携する病院に駆け込めるし、家族が近くにいられるのも心強いでしょうね」

息子の真輝くんはこの春、保育園を卒業。重度の障害を持つため、4月からは特別支援学校に通い始める。野田議員は最後、愛息の写真を記者に見せながらこう語った。

「かわいいでしょう。本当は2人目がほしいけど、子宮を摘出してしまったので出産はもう無理。今は夫も“1人の育児でも大変!”って言ってるから、私がリタイアしたら養子縁組を考えています」

※女性セブン2017年4月13日号





コメントを残す