民進 蓮舫代表 刑法改正案などの審議優先を

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 民進 蓮舫代表 刑法改正案などの審議優先を
NHKオンライン コメントはまだありません



民進党の蓮舫代表は、「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案の取り扱いをめぐり、自民党が今月6日の審議入りを目指していることについて、先に国会に提出された、刑法の改正案などの審議を優先すべきだという考えを強調しました。

「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案をめぐっては、与党内でも、自民党が今月6日の審議入りを提案したのに対し、公明党は民法の改正案や強姦罪の名称を変更して罰則を厳しくすることなどを盛り込んだ刑法の改正案の審議を優先したい考えで、折り合っていません。

これに関連して、民進党の蓮舫代表はさいたま市で記者団に対し、「自民党が今の国会で法案を成立させたいと主張するのは、審議の内容より、出口を重視しているという考え方で、納得できない」と批判しました。

そのうえで、蓮舫氏は「刑法の改正案は、被害を受けた多くの女性たちの悲願なので、最優先に審議すべきで、連立与党の中で、公明党はきょうじを持って頑張ってほしい。国会の先例を重視し、提出されている法案から先に審議すべきだ」と述べ、刑法の改正案などの審議を優先すべきだという考えを強調しました。





コメントを残す