文科省天下り問題 違法は計62件、処分は累計43人と過去最大

Home » 3媒体 » ZAKZAK » 文科省天下り問題 違法は計62件、処分は累計43人と過去最大
ZAKZAK コメントはまだありません




 松野博一文部科学相は3月30日、組織的天下り問題の最終報告書を公表、2月の中間報告後に新たに35件の国家公務員法違反を確認し、違法が計62件になった。また前川喜平前事務次官ら歴代事務次官3人を停職相当、現在は官房付の藤江陽子元人事課長を停職とするなど計37人を同日付で追加処分した。処分は累計43人と、文科省として過去最大になった。処分対象の山中伸一元次官は駐ブルガリア大使を辞職する。

 報告書によると、2008年12月末に改正国家公務員法が施行され現役職員が天下りをあっせんできなくなったため、人事課OBの嶋貫和男氏が調整役となりあっせんを開始した。人事課職員が嶋貫氏と情報をやりとりし天下りの案を確定、人事課長や事務次官に伝えていた事例もあり「あっせんの仕組みは文科省の組織的な関与の中で運用されてきた」と認めた。






コメントを残す