自民各派の会合「森友学園問題 捜査当局に委ねるべき」

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 自民各派の会合「森友学園問題 捜査当局に委ねるべき」
NHKオンライン コメントはまだありません



自民党の各派閥の会合で、大阪の学校法人「森友学園」をめぐる国会での議論について、大阪地検特捜部が籠池理事長に対する告発状を受理したことを踏まえ、真相の解明は捜査当局に委ねるべきだといった指摘が出されました。

大阪の学校法人「森友学園」が小学校の建設をめぐって金額が異なる契約書を提出し国から補助金を受けていた問題で、大阪地検特捜部は29日、籠池理事長に対する告発状を受理しました。

これを受けて、山東元参議院副議長は「国会ではさまざまな重要案件がたまっているので早く別の案件に入るべきだ。偽証の疑いでの告発という話も出ているが、司法の場に任せるべきだ」と述べました。

また、伊吹元衆議院議長は「バラエティー番組みたいなことを国会がやっていたのではどうしようもない。籠池氏本人も証人喚問で『刑事訴追を受けるおそれがある』と認めていた中で特捜部が入るわけだから、きっちり委ねて、国会としてはどこかで幕を引いて本来の大切な議論に戻らないといけない」と述べました。





コメントを残す