昭恵首相夫人を含め、関係者の証言が必要だ 民進・笠浩氏

Home » 政治・社会 » 昭恵首相夫人を含め、関係者の証言が必要だ 民進・笠浩氏
政治・社会, 財経新聞 コメントはまだありません



 民進党の笠浩史国会対策委員長代理は29日の記者会見で、自民党の西村康稔衆院議員(総裁特別補佐)が28日の記者会見で、学校法人森友学園の籠池泰典理事長に対する証人喚問での証言について国政調査権の発動を含め告発を検討していると報道されていることに対し「非常に重い話だ」とし「やはり安倍昭恵首相夫人を含め、関係者の証言、あるいは資料の提出をしっかり求めていかなければ、その判断は非常に難しい」と語った。

 また、山井和則国対委員長も同日の衆院国対役員・筆頭理事合同会議で、西村議員の籠池氏に対する偽証罪での告発言及に「違和感を持たざるを得ない」と述べ、「偽証罪の告発には客観的な証拠が必要だ。そのためには昭恵夫人をはじめとするさまざまな当事者の証言も、行って頂く必要がある」と訴えた。

 安住淳代表代行も同日の記者会見で「疑いがある場合は告発することはあるが、昭恵夫人(追及)封じのための告発はあってはならない」と断じた。

 安住代表代行は「昭恵夫人は何も言っていない。この事件に意図的に幕を引くために一方的に、一人だけ来た証人の告発をするのは実態解明というより口封じになる恐れがある」と慎重な姿勢で臨むべき問題だとした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
予算成立で安倍総理「未来を拓く予算」と強調
役人が上を忖度する仕事をすればおかしくなる
国会として全容解明に全力を挙げる 又市幹事長
籠池氏と同じ立場で真実明らかにすべき 野田氏
財務省に問合せ、ファックス回答「職務だった」





コメントを残す