日ロ戦略対話 首相訪ロに向け議論加速で一致

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 日ロ戦略対話 首相訪ロに向け議論加速で一致
NHKオンライン コメントはまだありません



日ロ戦略対話 首相訪ロに向け議論加速で一致

k10010931311_201703302151_201703302152.mp4

日本とロシアの外務次官による戦略対話が東京で開かれ、来月下旬に、安倍総理大臣がロシアを訪問するのに向けて、北方領土での共同経済活動などで具体的な成果が出せるよう、議論を加速させることで一致しました。

日本とロシアの両国関係や国際情勢について幅広く協議する日ロ戦略対話は、30日午後、外務省の飯倉公館で、外務省の杉山事務次官とロシアのチトフ第1外務次官が出席して行われました。
この中で、杉山次官は「来月下旬の安倍総理大臣のロシア訪問に向けて、平和条約締結交渉を含む政治分野や、経済分野などでしっかりと準備を進めたい」と述べました。
そのうえで、両氏は安倍総理大臣の訪ロに向け、北方領土での共同経済活動や、元島民の四島への自由な往来について、具体的な成果が出せるよう、議論を加速させることで一致しました。また、両氏は核実験や弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮について、脅威が高まっているという認識を共有したうえで、連携して対応していくことを確認しました。

対話再開 ロシア側が歓迎

ロシア外務省のザハロワ報道官は30日、「以前のように通常の外交的な対話が再開したことはとても喜ばしい」と述べ、両国の接触が、3年前のウクライナからのクリミア半島併合前のレベルに戻ったとして歓迎しました。
そして、「こうした対話は、今後の首脳による訪問の準備に欠かすことができない」として、来月下旬の安倍総理大臣のロシア訪問に先立って、戦略対話が行われたことの意義を強調しました。





コメントを残す