松井知事 「森友学園」調査結果を踏まえ告訴・告発検討へ

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 松井知事 「森友学園」調査結果を踏まえ告訴・告発検討へ
NHKオンライン コメントはまだありません



学校法人「森友学園」をめぐる一連の問題について、大阪府の松井知事は記者会見で、31日行う学園側への調査の結果を踏まえて捜査機関への告訴や告発を検討する考えを示しました。

大阪の学校法人「森友学園」をめぐっては、小学校の建設で、国や大阪府などに金額の異なる3種類の契約書が提出されていたことなど、さまざまな問題が明らかになっていて、大阪府は31日、学園の籠池理事長の立ち会いのもと学園側への調査を行うことにしています。

これについて、大阪府の松井知事は記者会見で「調査の結果、明確な違法性があるなら警察に届けることになる」と述べ、調査の結果を踏まえて、捜査機関への告訴や告発を検討する考えを示しました。

一方、自民党が、籠池氏を偽証の疑いで告発することも含め対応を検討していることや、民進党や共産党などが、安倍総理大臣夫人の昭恵氏の証人喚問を求めていることについて、松井知事は、「どちらもいい加減にしたほうがいい。国会で森友学園の議論だけをするのはもう終わるべきで、『テロ等準備罪』を新設する法案などについてしっかり議論すべきだ」と苦言を呈しました。





コメントを残す