日本と韓国に迫る「絶縁の危機」 – エキサイトニュース

Home » 贈収賄 » 日本と韓国に迫る「絶縁の危機」 – エキサイトニュース
贈収賄 コメントはまだありません



 朴氏の罷免で始まった次期トップ争い。大本命の左派が就任するならば、我が国にも思わぬ“火の粉”が!?

 3月10日、朝鮮半島に激震が走った。韓国の現職大統領・朴槿恵氏(65)が、憲法裁判所で罷免を言い渡されたのだ。「国会の弾劾訴追を審理していた憲法裁判所の決定が出たんです。裁判官8人全員が罷免に賛成した結果、朴氏は即、大統領を失職。不訴追特権を失ったので、今後、職権乱用罪はもちろん、贈収賄容疑でも逮捕、起訴される可能性があります」(全国紙国際部記者)

 多くの国民が快哉を叫ぶ一方で、同日、朴氏を支持する罷免反対派は暴徒化。警官隊と衝突した結果、2人が死亡、60人以上が負傷するという大騒動に。韓国の憲法では、大統領が失職した場合、60日以内に大統領選を行わなければならないことから、実質、すぐに大統領選挙戦に突入し、投開票日は5月9日が有力視されている。

 次期大統領は、かねてから保守派の潘基文・前国連事務総長が最有力候補とみられていたが、朴氏の罷免が決まるのを待たず、2月には不出馬を表明した。外交評論家の井野誠一氏が解説する。

「潘氏が出馬に動いた後、実弟が贈収賄事件で米当局に起訴されました。また、潘氏自身にも韓国の政商から多額の不正献金を受けていたとの疑惑が出た。これらは、野党側が仕掛けたとの説もあり、潘氏は、そのような駆け引きに嫌気がさしたようです。いずれにしろ、打たれ弱い者は政治家向きではないでしょう」

 現在、大統領代行を務める黄教安・首相は、後任としてはどうか。





コメントを残す