官房長官「客観的証拠のもと 事実関係の解明を」

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 官房長官「客観的証拠のもと 事実関係の解明を」
NHKオンライン コメントはまだありません



官房長官「客観的証拠のもと 事実関係の解明を」

k10010929821_201703292108_201703292115.mp4

自民党が学校法人「森友学園」の籠池理事長を偽証の疑いで告発することも含めて対応を検討していることに関連して、菅官房長官は午後の記者会見で、「証拠のない言い合いを続けるよりは、誰にでもわかる客観的な証拠を示すことが重要だ。与党は、籠池氏の証言には偽証の濃厚な疑いがあるとして、真相を究明すべきだと主張しており、与党、あるいは国会における調査が進み、客観的証拠のもとに事実関係が解明されるのを期待したい」と述べました。

そのうえで、菅官房長官は、籠池氏を偽証罪で告発する必要性について、「まずは真相究明を行うことが大事だ。その結果を踏まえ、国会でお考えになることだ」と述べました。また菅官房長官は、民進党や共産党などが、安倍総理大臣夫人の昭恵氏の証人喚問を求めていることについて、「総理夫人が土地の取り引きに関与していないことは明らかで、犯罪や違法性がある行為でもない。総理夫人の証人喚問の必要は全くない」と述べました。

民進「実態の解明というよりも口封じに」

民進党の安住代表代行は、記者会見で「意図的に幕を引くために、1人だけ来た証人を、一方的に告発するというのは、実態の解明というよりも口封じになるおそれがあるので、慎重にすべきだ。議院証言法は、議会の問題で偽証の疑いがある時には、各党が対応する話であり、政府が口を出す話ではない。口を出してくるというのは、逆に、何かやましいことがあるのかなと思ってしまう」と述べました。

共産「大事な資料については ほおかむり」

共産党の穀田国会対策委員長は、記者会見で、「国政調査権と言うのであれば、核心の部分の認可手続きについての大阪府の私学審の資料や決裁文書をきちんと出すべきだ。大事な資料については、ほおかむりして、さまつな話で調査権と言っていて、全く姑息(こそく)だ」と述べました。





コメントを残す