医師の残業規制妥当か議論を 日本医師会会長

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 医師の残業規制妥当か議論を 日本医師会会長
NHKオンライン コメントはまだありません



日本医師会の横倉会長は、時間外労働の上限規制をめぐって、医師は、患者から診察などを求められた場合に正当な理由なく拒むことができない義務があるなどとして、規制の対象とすることが妥当かも含め、抜本的に議論すべきだという考えを示しました。

政府は、29日の働き方改革実現会議で、長時間労働の是正などに向けた実行計画を取りまとめ、医師に関しては、時間外労働の規制の対象とするものの、特殊性を踏まえた対応が必要だとして、2年後までをめどに規制の在り方を検討するとしています。

これについて、日本医師会の横倉会長は、記者会見で、「そもそも医師の勤務を労働基準法で規律することが妥当なのかも抜本的に考えたい。正直に言って、医師が労働者かと言われると違和感がある。勤務時間の規制に抵触しようと目の前の患者を救ってほしいというのは多くの国民や医療関係者の声だ」と述べました。

そのうえで、横倉会長は、医師には患者から診察などを求められた場合に正当な理由なく拒むことができない「応召義務」があることなどを踏まえ、規制の対象とすることが妥当かも含めて、抜本的に議論すべきだという考えを示しました。





コメントを残す