遺産相続手続き簡略化 情報まとめた証明書発行へ

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 遺産相続手続き簡略化 情報まとめた証明書発行へ
NHKオンライン コメントはまだありません



法務省は、遺産相続の手続きを簡略化しようと、被相続人と法定相続人の氏名や続柄など必要な情報をまとめた証明書を新たに発行する制度を、5月から導入する方針です。

遺産を相続する際には、死亡した被相続人の預貯金を引き出したり、不動産を相続人名義に登記し直したりしますが、その際、被相続人が生まれてから死亡するまでの戸籍謄本や法定相続人全員の戸籍抄本などをそろえて、関係機関に提出することになっています。

ただ、現在の制度では、手続きを行うたびに関係者全員の戸籍抄本などをそろえて提出する必要があり、登記をやり直さない人もいることから、法務省は、簡略化して負担軽減を図ろうと、ことし5月下旬から新たな制度を導入することになりました。

新たな制度では、関係者の戸籍抄本などをすべてそろえたうえで、被相続人の氏名や最後の住所、法定相続人全員の氏名や続柄など、相続に関する情報を一覧で記した書類と併せて法務局に提出します。
そして、担当者がこうした書類の内容を確認し、相続に必要な情報をまとめた証明書を作成して無料で発行するということで、法務省は、この証明書を遺産相続をめぐるすべての公的な手続きの際に使用できるようにしたいとしています。





コメントを残す