自民国対委員長 党首討論拒否するつもりない

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 自民国対委員長 党首討論拒否するつもりない
NHKオンライン コメントはまだありません



自民党の竹下国会対策委員長は記者会見で、大阪・豊中市の国有地の売却などをめぐって民進党が要望している党首討論について、「拒否するつもりはない」と述べ、具体的な日程を検討していく考えを示しました。

大阪・豊中市の国有地が、学校法人「森友学園」に鑑定価格より低く売却されたことなどをめぐって、民進党は、安倍総理大臣は説明責任を果たすべきだとして、今の国会では初めてとなる党首討論を行うよう求めています。

これについて、自民党の竹下国会対策委員長は、記者会見で、「要求を拒否するつもりはない。いつ、どういう形で受けるか、いろいろな日程をにらみながら、決めていきたい」と述べ、具体的な日程を検討していく考えを示しました。

また、竹下氏は、先週23日に行われた証人喚問での籠池理事長の証言について、「いろいろひどいものがあるという指摘が出始めており、さまざまなところで相当ほころびが見え始めている。自民党として何らかの情報発信をすることもありうべしという方向で議論している」と述べました。





コメントを残す