民進・野田氏、国有地払い下げ「忖度あるから問題起こる」

Home » 政治・社会 » 民進・野田氏、国有地払い下げ「忖度あるから問題起こる」
政治・社会, 財経新聞 コメントはまだありません



 民進党の野田佳彦幹事長(前総理)は26日、学校法人森友学園への国有地払い下げをめぐる問題について「(同学園が国有地払い下げ地に、一時は安倍総理の昭恵夫人が名誉校長につくなど)肝いりの小学校が作られるところに、財務省が忖度し、国土交通省が忖度し、大阪府が忖度する。こういう構図が今回の一つの柱ではないか」と問題を生じさせた要因の一つに忖度問題をあげた。

 そのうえで「忖度の政治があるからこういう問題が起こっている。忖度は必要ない」と断じた。

野田幹事長は「この国は法治国家で、ルールに基づいて、誰にでも平等に事業が行われること。国有地の払い下げも税の徴収もルールに基づいて行われる」という政治が忖度によって歪められているとした。地方での講演で語った。

また、講演後、記者団が森友解散もささやかれているが、との問いに「解散すれば受けて立つ」と述べた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
森友学園に444円でボーリング調査の一時貸付
財務省に問合せ、ファックス回答「職務だった」
籠池証言で政治家関与なかったとは断言できない
石破氏も「行政対応、極めて異例と感じる」と
「総理答弁の真偽も問われる」民進党の福山氏





コメントを残す