官房長官 100万円寄付問題 国会に積極的情報提供

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 官房長官 100万円寄付問題 国会に積極的情報提供
NHKオンライン コメントはまだありません



菅官房長官は午後の記者会見で、学校法人「森友学園」の籠池理事長が安倍総理大臣の夫人の昭恵氏から100万円の寄付を受け取ったと証言したことに関連し、客観的な証拠が必要だとしたうえで、国会に積極的に情報提供を行う考えを示しました。

この中で菅官房長官は、学校法人「森友学園」の籠池理事長が安倍総理大臣夫人の昭恵氏から100万円の寄付を受け取ったと証言したことに関連し、「私どもの認識が正しいのは言うまでもないが、証拠のない言い合いを続けるより、誰にでもわかる客観的な証拠が必要だ」と述べました。

そのうえで菅官房長官は、記者団から籠池氏を偽証罪で告発する必要性を問われたのに対し、「政府としてうんぬんではなくて、国会で決めていただく。総理夫人のことが言われているので、情報提供はしっかりしていきたい」と述べました。

一方、菅官房長官は、昭恵氏付きの政府職員がファックスで回答する前に、籠池氏側から職員に送られてきた書面について、「予算委員会の理事会で決めてもらえれば、積極的に提出したい。ゼロ回答で、そんたくがないことがよくわかってもらえる」と述べました。





コメントを残す