外相 副大臣の台湾公務訪問 中国側の批判当たらず

Home » 3媒体 » NHKオンライン » 外相 副大臣の台湾公務訪問 中国側の批判当たらず
NHKオンライン コメントはまだありません



岸田外務大臣は閣議のあと記者団に対し、赤間総務副大臣が公務で台湾を訪れたことは、日本と台湾との関係は非政府間の実務的な関係として維持する、政府のこれまでの方針に変わりはなく、中国側の批判は当たらないという認識を示しました。

赤間総務副大臣は今月25日までの2日間、日本の地域の魅力を発信するイベントに出席するため、公務で台湾を訪れたのに対し、中国外務省の華春瑩報道官は27日、「台湾とは民間および地域的な往来だけを行うという約束に反しており、断固として反対する」と述べ、日本政府に抗議したことを明らかにしました。

これについて、岸田外務大臣は閣議のあと記者団に対し、「赤間副大臣は、日本の地方の魅力発信のために台湾を訪問したものだ。わが国の台湾に対する基本的な方針である、非政府間の実務的な関係に反するものではない」と述べました。
そのうえで、岸田大臣は「日本と中国との関係は大変重要だと考えており、戦略的互恵関係の下、関係を前進させていきたい」と述べました。

高市総務大臣は、閣議のあと、記者団に対し「赤間副大臣は、日本と台湾の間の協力と交流のさらなる深化を図っていくという観点から、外務省からの依頼に基づいて、イベントに出席した。日本の地域の魅力を知ってもらうとともに、今後の訪日者増加を呼びかけることができた」と述べました。

菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、「日本と台湾は緊密な経済関係と人的往来を有する重要なパートナーで、理解を深めることは意義がある。台湾との関係を非政府間の実務関係として維持していく立場を踏まえ、協力と交流は進めていきたい」と述べました。





コメントを残す