証人喚問で国有地売却に関する疑惑益々深まった、民進・江田氏

Home » 政治・社会 » 証人喚問で国有地売却に関する疑惑益々深まった、民進・江田氏
政治・社会, 財経新聞 コメントはまだありません



 民進党の江田憲司代表代行は24日の記者会見で、大阪府豊中市の国有地払い下げなどを巡る問題で、払い下げを受け、小学校開校を目指していた大阪市の学校法人森友学園・籠池泰典理事長が23日応じた衆参での国会証人喚問での証言で、国有地売却に関する疑惑が益々深まったとした。

 そのうえで真相究明に向け、安倍晋三総理の昭恵夫人や大阪府知事らの証人喚問の必要を強く訴えた。

 江田代表代行は「ただ同然での国有地売却問題は昭恵夫人か、官邸主導ではないのかとの疑惑が深まった」とし「道義的・政治的責任は重く、しっかり説明責任を果たすべきだ」と断じた。

 江田代表代行は、籠池氏が安倍晋三総理の昭恵夫人に定期借地契約の延長に関して相談したところ、夫人付き官邸職員(公務員)の谷査恵子氏が財務省に問い合わせを行った内容がファックスで寄せられたと証言したことを受け「安倍総理夫人か、政務担当総理秘書官あるいは経産省出身の総理秘書官の指示に基づいて動いたからこそ、(財務省とも調整済みの)ファックスのやりとりができたと解するのが自然」と指摘し、夫人付きの秘書の意思や権限で財務省と調整できるものではない、とした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
昭恵夫人の証人喚問を求めると小池書記局長
籠池氏が嘘言っているように思えない 社民党首
昭恵夫人や秘書の公務員も証言を 籠池理事長
昭恵総理夫人にも『証人喚問』を 蓮舫代表
迫田、武内両氏の参考人招致を改めて要請 民進





コメントを残す