籠池氏が相談したと名指しの議員は…3氏ともに関与を否定 – スポーツ報知

Home » 政治家 秘書 » 籠池氏が相談したと名指しの議員は…3氏ともに関与を否定 – スポーツ報知
政治家 秘書 コメントはまだありません



 学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典氏(64)が23日、衆参両院の予算委員会で証人喚問に出席した。籠池氏は2015年9月5日に講演に訪れた安倍昭恵首相夫人(54)から「安倍晋三からです」として100万円の寄付を受け取ったと詳述。学園の国有地取得を巡り、昭恵夫人を担当する政府職員が回答したファクスの存在も明らかにした。学園の国有地取得を巡り昭恵夫人側の関与が明らかになった格好だが、昭恵夫人はこの日夜、自身のフェイスブックで籠池氏の証言を否定した。

 籠池氏から小学校建設を巡って相談を持ちかけた政治家として名指しされた日本維新の会の東徹参院議員、自民党の柳本卓治参院議員、引退した元国交副大臣の北川イッセイ氏の3人は、「籠池発言」に困惑の声を上げた。

 東氏はこの日会見を開き、「5年ほど前の府議時代に1回会ったが、不当な働きかけを行ったことはない」と、口利きや金銭授受はないことを明言。柳本氏は書面で「議員本人・秘書が籠池氏関係者、近畿財務局関係者と面会・訪問をしたことはない」と真っ向否定した。北川氏も「全然(籠池氏と)面識はない」とコメント。「なぜ私の名前が出たのか」と首をかしげた。





コメントを残す