迫田、武内両氏の参考人招致を改めて要請 民進

Home » 政治・社会 » 迫田、武内両氏の参考人招致を改めて要請 民進
政治・社会, 財経新聞 コメントはまだありません



 大阪市の学校法人森友学園の籠池泰典理事長に対する証人喚問が23日、衆参で行われるが、民進党の榛葉賀津也参院国会対策委員長は22日午後の定例記者会見で「われわれは籠池氏だけでなく、当時の理財局長だった迫田英典国税庁長官、近畿財務局長だった武内良樹財務省国際局長らの参考人招致を求めている」と両氏の参考人招致にさえ難色を示している自民党に疑問を投げた。

 榛葉委員長は「自民党は『民間人や役人はダメ・違法性がない』等の理由で参考人招致を拒んできた。しかし『総理から100万円の寄付があった』と報じられた直後に『総理の名誉のために参考人招致をする』という」と自民党の姿勢に疑問符を付けた。

 そのうえで「われわれが求めているのは国有地の不当な払い下げ、国会議員の不当な便宜供与、安倍総理夫妻の関与など、多くの国民が持っている疑念に答えることだ」と提起し「役所側の意見も聞かないと真相究明できないのは当然だ」と迫田氏らの参考人招致に賛成するよう政府・与党に改めて求めた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
籠池氏が証人喚問なのに前理財局長招致に不賛成
迫田氏や昭恵総理夫人も説明すべき 福島副党首
真実明らかになることに期待 高市・稲田両大臣
呆れる自民対応、証人喚問は総理名誉の為か
籠池氏から疑問質さないと国会の存在意義にも





コメントを残す