除染事業めぐり贈収賄 環境省職員を収賄で起訴 – チューリップテレビ公式サイト

Home » 贈収賄 » 除染事業めぐり贈収賄 環境省職員を収賄で起訴 – チューリップテレビ公式サイト
贈収賄 コメントはまだありません



 除染事業めぐり贈収賄 環境省職員を収賄で起訴

(2017年03月22日 18時21分)

 国の除染事業をめぐって、業者が参入できるよう便宜を図った見返りに賄賂として接待などを受けていたとされる環境省の職員が収賄の罪で起訴されました。

 また、贈賄側の高岡市の土木工事会社の元社長は略式起訴され、罰金50万円を命じられました。

 収賄の罪で起訴されたのは、環境省・福島環境再生事務所浜通り北支所の専門官鈴木雄二被告(56)です。

 起訴状によりますと鈴木被告は、去年、福島県浪江町で行われた国の除染事業で、富山県高岡市の土木会社が下請けに入れるよう元請けの会社に働きかける便宜を図ったとされています。

 そして、賄賂として飲食店での接待や富山県への旅行代などおよそ20万円相当と現金2万円あまりを受け取ったとされています。

 これまでの調べに対し鈴木被告は「大変なことをしてしまった。申し訳ない」と話しているということです。

 また、贈賄側の高岡市の土木会社の元社長は略式起訴され、罰金50万円を命じられました。





コメントを残す