証人喚問「なぜ、ひとり」、森友問題で民進・福山氏

Home » 政治・社会 » 証人喚問「なぜ、ひとり」、森友問題で民進・福山氏
政治・社会, 財経新聞 コメントはまだありません



 参院予算委員会メンバーとして学校法人森友学園を視察した民進党の福山哲郎議員は16日の記者会見で、籠池泰典理事長に対する証人喚問について「一定の理解はするが、なぜ参考人招致すら拒否していた自民党が、急に証人喚問を認めるまでレベルを引き上げたか、まったく説明がない」と指摘した。

 福山議員は「総理が侮辱されたからということが理由だとしているが、これもよく分からない。違法性がない民間人を招致することは厳しいと言っていた。状況は変わっていない」と自民党が態度を急変させた理由に疑問を呈した。

 そのうえで、対象が籠池理事長ひとりであることにも大きな疑問を投げた。福山議員は「なぜ1人だけなのか」と指摘し「他の参考人も含め、国会に招致する方が事態の解明は進む。今後も引き続き残りの人の参考人招致を求めていく」とした。

 政府・自民が真相を明らかにする責任を果たす考えなら、籠池理事長ひとりを証人喚問するのではなく、土地取引当時に理財局長だった迫田英典国税庁長官、近畿財務局長だった武内良樹財務省国際局長ら主な関係者を加えるべきだろう。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
籠池氏、学校建設に総理から100万円と名指し
事実確認の必要、一層強まる 蓮舫氏
稲田防衛相「職務にまい進」籠池氏と10年疎遠
国益のためにも稲田大臣は辞任しかないと山井氏
籠池氏と籠池氏夫人の参考人招致もと江田氏





コメントを残す