真実明らかになることに期待 高市・稲田両大臣

Home » 政治・社会 » 真実明らかになることに期待 高市・稲田両大臣
政治・社会, 財経新聞 コメントはまだありません



 稲田朋美防衛大臣は17日の記者会見で、学校法人森友学園の籠池理事長の証人喚問が23日に衆参で行われることや安倍晋三総理から開校予定だった小学校の建設に伴う100万円の寄付があったとの籠池氏の発言を受けての受け止め等について「証人喚問が決まったということですから、しっかり事実関係や真実をお話いただきたいと思っています」と真実が明らかになることへ期待を述べた。また安倍総理の寄付の件については「それは全く承知していない」と語った。

 高市早苗総務大臣も同日の記者会見で「証人喚問は証言を拒否することもできませんし、偽証することもできませんので、これによって真実が明らかになることを期待いたしております」と真相が明らかになることに期待した。

 また、国有地払い下げをめぐる問題等、一連の問題が安倍政権に与える影響について記者団に聞かれ「私(総務大臣)の立場で申し上げますと、衆議院、参議院、両総務委員会の先生方の御理解を得て、順調に法案審議を進めていただいているが、森友学園のことについては証人喚問が決まったと承知していますので、早く真実が明らかになって、様々な課題がございますので、多くの国政の課題について議論が進む環境が整うことを期待しています」と答えた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
呆れる自民対応、証人喚問は総理名誉の為か
証人喚問「なぜ、ひとり」
籠池氏から疑問質さないと国会の存在意義にも
国有地払下げ問題解明へ 関係者に証人喚問を





コメントを残す