日報問題で直接に幹部から聞くことも 稲田大臣

Home » 政治・社会 » 日報問題で直接に幹部から聞くことも 稲田大臣
政治・社会, 財経新聞 コメントはまだありません



 稲田朋美防衛大臣は16日の記者会見で、陸上自衛隊が当初、破棄したと説明していた「日報」の電子データを保管していた『日報問題』について、NHKが報じた「陸自トップにも存在を報告していた、そして、今年1月で一端公表することが内部で検討されたけれども、下旬になって陸海空の各自衛隊を運用する統幕幹部の背広組と言われる防衛官僚が『これまでの説明と矛盾するため今さら言えない』として外部に公表しないとされてきたことがわかった」との内容について「陸幕長からは報道のような事実は認識していないという回答だった」と語った。

 稲田大臣は「全体として、その報道のような事実は認識していないという回答だということです」と語った。

 稲田大臣は「陸幕長の場合は名前も出ていたので確かめた。それ以外のことについては、報道の一つ一つには答えず、特別防衛監察で事実関係を明らかにしていきたいと考えている」と言及を避けた。

 一方で、記者団から、陸幕長は直接実名がでてきたので、大臣が直接確認したということだが、統幕の背広組幹部なり、今後、その他の幹部でも実名が出れば大臣から直接話を聞くのかとの問いに稲田大臣は「私が聞くということはもちろん有ろうかと思う」と答えた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
稲田防衛相「職務にまい進」籠池氏と10年疎遠
国益のためにも稲田大臣は辞任しかないと山井氏
籠池氏と籠池氏夫人の参考人招致もと江田氏
籠池氏と10年来関係断ってるのは真実 稲田氏
「予算委運営を阻害しているのは自公」蓮舫氏





コメントを残す