楽天証券、「資産形成フェスティバル2017年春」を開催 – 投資信託の投信資料館

Home » 大臣 就任 » 楽天証券、「資産形成フェスティバル2017年春」を開催 – 投資信託の投信資料館
大臣 就任 コメントはまだありません



楽天証券は、 2017年5月13日(土)に、 資産形成に関する講演イベント「資産形成フェスティバル2017年春」を開催する。

昨今、 将来に向けた資産形成の必要性がますます高まっているなか、 本フェスティバルでは、 現代日本の取り巻く環境・経済情勢について触れ、 その上で資産形成の意義や重要性を考え、 将来のための蓄えをどのようにして増やしていくか、 今、 将来のために何ができるかを各講演者に熱く語る。 主にこれから資産形成に向けて準備を始める人に向けたお金のフェスティバル。

講演者には、 慶應義塾大学大学院教授の岸博幸氏や芥川賞受賞の羽田圭介氏をはじめとした各著名人を招き、 資産形成にまつわる情報を伝える。 また、 当日は運用会社のプロによる講演・セミナーもあり、 個人型確定拠出年金(iDeCo)やロボアド、 FinTechなど最新の話題も提供する。

【資産形成フェスティバル2017年春の概要】

  • 日時 : 2017年5月13日(土)11:00~17:30(受付開始10:30)
  • 会場 : ベルサール高田馬場(東京都新宿区大久保3-8-2住友不動産新宿ガーデンタワー)
  • 定員 : 2,000名 ※応募者多数の場合は抽選となる。
  • 参加費 : 無料 ※事前の申込が必要。
  • 申込方法:特設サイトより申込み。

■岸 博幸氏

一橋大学経済学部卒業後、 通商産業省(当時)に入省。 産業政策局や内閣官房IT担当室を経て、 2001年9月、 経済財政政策担当大臣補佐官に就任。 その後、 金融担当大臣補佐官を兼任、 経済財政政策担当大臣・郵政民営化担当大臣秘書官、 総務大臣秘書官を務め、 2006年9月、 経済産業省退官。 2008年4月、 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授に就任。

■竹川 美奈子氏

出版社や新聞社勤務などを経て独立。 新聞・雑誌等で取材・執筆活動を行うほか、 投資信託や個人型確定拠出年金(iDeCo)、 マネープランセミナーなどの講師を務める。 「1億人の投信大賞」選定メンバー、 「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ(東京)」幹事、 「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year」運営委員などをつとめ、 投資のすそ野の拡大に取り組んでいる。 また2016年7月~12月には、 金融庁 金融審議会「市場ワーキング・グループ」委員に選任。 現在、 LIFE MAP, LLC代表を務める。

■羽田 圭介氏

1985年東京都生まれ。 2003年に「黒冷水」で第40回文藝賞を受賞。 2015年、 「スクラップ・アンド・ビルド」で第153回芥川賞を受賞。

■篠田 尚子氏

慶應義塾大学卒。 国内銀行にて投資信託、 個人年金保険、 仕組み預金等の個人向け資産運用相談業務を経験した後、 2006年ロイター・ジャパン(現トムソン・ロイター・マーケッツ)入社。 傘下の投信評価機関リッパーにて投資信託のデータ分析業務を担当し、 2008年よりアナリストとして投信の評価と市場調査を担当。 2013年11月、 楽天証券経済研究所入所。 日本のみならず、 韓国をはじめとするアジア各国の投信市場分析も行っているほか、 海外に向けた日本の市場動向の発信にも積極的に取り組んでいる。





コメントを残す